面白ゴルフ記事満載!







ステップ1では、アドレス位置で自分から見て前後方向の微調整をしました。
ステップ2で、アドレス時のソール位置を決めます。

みなさんは、アドレス時のセットアップ位置はどうしていますか?
漫然と、ボールに接するようにセットしているようでは、論理的ではありません。

クラブは長くなるほど、インパクトでの飛球線方向への慣性力が働きます。
その結果、ソール位置よりインパクトでは飛球線方向にズレます。
その結果、ダフったりトップしたりするのです。

ゴルフは物理学のスポーツです。論理的にソール位置を決めましょう。

方法は、簡単です。

クラブごとに、ボールに接する位置から、ボール半個分ずつ後ろにずらして打ってみるのです。
一番、スイートスポットにヒットするのがソール位置です。

一般的には、短いクラブは、ボールに接するように、長いクラブほどボールから遠ざけます。

ただ、クラブのバランスに寄って、加減が変わるので、根気よくクラブごとにどのソール位置がいいかを決めていきましょう。

勿論、フェースにはホワイどボード用のマーカーでフェースに落書きして、インパクト位置を確認しながらです!



セットアップ