面白ゴルフ記事満載!







先日、安土ゴルフで、ダスティン・ジョンソンのスイングを見て、金ωを太ももで挟むことに開眼しました。

でも、なぜ金ωを挟むと飛距離が伸びるのでしょう?
不思議です。。。

研究を開始するために、キーワードをWebから拾ってみました。
「太ももをくっつけることで、スイングがどうなるか?」という現象を表現しています。

(1)下半身から切り返す(下半身リード)
(2)腕が巻き付く
(3)インサイドイン
(4)回転を止めない

これらのスイング現象で、なぜ飛距離が伸びるのかを頭で理解できるまで解きほぐします。

ところで、Webで色々調べていたら、原江里菜選手と飛ばないアマチュアのインパクト直後の比較画像を見つけました。→https://www.prgr-golf.com/prgr_ladies_cup/column/02/index3.html
原江里菜選手は、インパクトでお尻の左側が後方から見えています。つまり金ωは無いんだけど仮想・金ωを潰しているんです。
飛ばない男子は、金ωを持っているけど、潰していない・・・つまりインパクトでお尻の左側が後方から見えていないんです(^^ゞ
pb03_thum01pb03_thum02


ところで、原江里菜選手はドライバーのヘッドスピードが、40.3m/s(一般アマチュア男子レベル)で、247ヤードも飛ぶんだそうです!
Img1