面白ゴルフ記事満載!






もっと正確に、もっと飛ばしたい・・・と言う方多いのではないでしょうか?

「日刊ゲンダイDigital」というWebサイトの中に、「飛ばすコツ伝授します」という連載が掲載されています。今回の記事は、「手はトップから真下に下ろす」です。

トップからの切り返し後、手をどのように動かそうとしているでしょうか?
手をボールに向けて動かそうとしている方が、ほとんどでは無いでしょうか。

このような事が起こるのは、プロのスイングを飛球線の後方から撮った写真を見ると、ダウンスイングで手はボールに向けて下ろしてきているような感じを受けるからだそうです。
アマチュアが、プロの映像を見て錯覚しているのが原因です。

手をボールに向かって振ってやろうとしたら、インパクトの瞬間、左腰と左ひじをかなり引かないとヘッドは構えたところに戻ってこないそうです。なぜなら、構えた時に、ボールの内側にある手を、わざわざボールに向かって振るのでこうなるそうです。
こうすることで、ボールはスライスします。あるいは、引掛けが起こります。

正しいスイングは、クラブヘッドより手はかなり内側に構えているのだから、トップの位置から手は下に向かってタテに下ろしてくるのが正解だそうです。このとき体は右を向いたままです。
腰の高さで左腕とクラブ(シャフト)は目標線と平行になるそうです。
こうすることで、左脇は締まり、捕まった球を打てるようになるそうです。

f0b85bba9b3571c265803dd473df2434_262_262ダウンロード (9)


→日刊ゲンダイDigitalの記事へ!

【完】

ゴルフをしたくなったら、一人予約もできる楽天GORAで!