面白ゴルフ記事満載!






なかなか左足下がり斜面で上手く打てない・・・と言う方多いのではないでしょうか?

「ゴルフレッスンコミック12月号」で、「中井学のクラブは友達」という連載が掲載されています。今回の記事は、「左足下がり斜面の打ち方」です。



主人公が左足下がりの斜面の打ち方で悩んでいます。
左足下がり斜面の立ち方には二通りあります。
傾斜に対して平行に立つ立ち方と、重力に対して鉛直に立つ立ち方です。
普通に傾斜に平行に立てない場合、
スタンスを広くして膝で調節すれば良いとのことです。
重力に鉛直に立つ場合、
いつもの通り普通にスイングすると右の地面が高いのでクラブヘッドがボールの手前に落ちます。
これを防ぐために、オープンに立って、軌道をアウトサイドインに入れることでクラブが地面にぶつからずにボールに当たります。
なぜなら、アウトサイドインの軌道は、アップライトな軌道で上からクラブが入るからです。

グリーンまでバンカー・池などのハザードがなく、真っ直ぐ花道を狙えるときは、斜面に平行に立って振るのが良いそうです。転がっても乗るからです。その時には、ロフトが立つので一番手番手を下げるようにしましょう。
HidariSagari006-1HidariSagari006-2


バンカーが邪魔をする場合、重力に鉛直に立って、オープンスタンスで打つと良いとのことです。
高い球で左から狙いましょう!
HidariSagari008-1HidariSagari009-1


【完】

ゴルフをしたくなったら、一人予約もできる楽天GORAで!