面白ゴルフ記事満載!





練習場では良い玉が出るのに、ゴルフ場ではサッパリ・・・と言う方多いのではないでしょうか?

「ゴルフレッスンコミック6月号」で、「佐久間馨のゴルフってむずかしい? そんなの大ウソ」という連載が掲載されています。今回の記事は、「練習場ではいい球が出るのになぜ…?」です。



人はダメージの強い方をより警戒する意識が働くそうです。
その意識に引きづられて行きたくない方向に打ってしまうそうです。
「・・・がイヤ」、「・・・が嫌い」、「・・・が怖い」と口に出してしまうのは、過去に大叩きした経験があるからだそうです。
脳は、過去の失敗経験を思い出し交感神経が優位に働いてしまうからだそうです。
人間は自律神経によって支配されているそうです。
自律神経には、交感神経と、副交感神経があるそうです。
どちらかが優位に働けば、どちらかが抑えられるという関係だそうです。
くつろいでいる状態では、副交感神経が優位に働いているそうです。
恐れや不安が消え末梢血管が拡張して脈拍が穏やかになり眠くなるそうです。
筋肉に回っていた血液が内臓にまわることになるそうです。
練習場ではリラックスしているのは副交感神経が優位に働いている状態だそうです。
ゴルフ場のクラブハウスに着いた時から交感神経が優位に働き始めるそうです。
そんな状態で「イヤ」「嫌い」「怖い」というネガティブが言葉を口に出したら、過去の恐怖体験が蘇り、体がこわばってスムーズなスイングができなくなるそうです。
交感神経や副交感神経は自分で意図してコントロールすることは出来ないそうです。だから、自律神経と呼ぶそうです。
交感神経を優位にしないように、ネガティブな言葉を慎むのがポイントだそうです。
ziritu005-1


【完】

ゴルフをしたくなったら、一人予約もできる楽天GORAで!

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。